ネアンデルタール人

僕でーす。人と書かせてじんと読ませます。大学生の些細な日常を書き留めます。

更新十日目!洋服屋さんにいきました

こんばんは、人です。

 

ブログの更新もついに十日目となりました。三日坊主で飽きやすい僕がこんなに長続きするとはもはや奇跡のそれに近い感じがしますが、これからも無理せず続けていきますので、何卒よろしくお願いします。

 

さて、今日は学校帰りに服を買いに行ってきました。

最近はめっきり日差しが強くなって汗をかくぐらい暑くなり、もうすぐ夏がくるなぁと感じる今日この頃なわけですが、ファッションセンスと服のバリエーションが絶望的な僕は未だに長袖のパーカーとジーパンを着まわしている状況でして、さすがにこれじゃ今年の夏は乗り切れへん!ということで服を買いに行くことにしました。

 

ところが僕は、洋服屋さんに行くのが大の苦手なんです。

あのオシャレでしかない雰囲気がどうも慣れないんですよね。普段ファッションに気を使わない僕みたいなのからしてみれば、とても窮屈に感じてしまいます。加えて極度の小心者の僕は、目当ての服がどこにあるかを店員さんに聞くこともできず、小一時間店内を練り歩いてようやく目当ての服を発見…。あまりに挙動不審すぎて警察を呼ばれるかと思いましたが、なんとか間に合いました。

 

そしてサイズを確かめるために試着室に行った時も、

店員「いらっしゃいませ~!↑ご試着ですかぁ~?↑」

 僕「あ…はい、そうです」

店員「あっすみませ~ん!↑一度に試着できるのは2点までとなっております~↑」

 僕「ぇあ、そ、そうなんですかぁ~?↑↑」(なぜか語尾のテンションが同じになる)

と、店員さんに言語能力までも支配されてしまいました。怖すぎ。

 

その後なんとか試着を終え、レジへ精算しに行くも財布の中身がヤバいことに気づき、結局ズボンを一着だけ買いました。

f:id:Fooojin:20150526210723j:plain戦利品

 

裾の折り返しの模様がオシャレだったのでこれにしました。僕のセンスの結晶です。

とりあえず何事も経験ということで、心にもっとゆとりを持てるようになりたいと思いました。

 

それでは今日はこのへんで。

ではまた!